国際ブランドの違い

クレジットカードには5大国際ブランドと呼ばれる、VISA、Master、JCB、アメックス、ダイナースがあります。

VISAとマスターは、世界中のどこでも使えることを目指した国際ブランドで、世界の銀行が出資や運営を行い、実際に世界中にもっとも広く利用できる国際ブランドとなっています。

VISAやマスターの国際ブランドを、世界中の銀行が出資して作った目的はビジネスです。具体的には、銀行の決済業務をスムーズにすることにより、より多くの利益をもたらすことが目的なのです。

そのためには、世界中のできるだけ多くのお店で利用でき、世界中の多くの人々が利用してくれることが必要です。そのため、VISAやマスターは世界中で加盟店の開拓を行っています。

一方でアメックスやダイナース、JCBのような国際ブランドは、旅行やエンターテインメントに重点を置いています。そのため、会員が旅行や出張に行ったときのサービスを第一に考え運営しています。

なお、アメックス(American Express)は、日本ではクレジットカード会社だと思っている人が多いですが、本当は世界最大の旅行会社です。そのため、旅行サービスを充実させるためにクレジットカードを発行しているという位置づけです。

具体的には、アメックスは海外旅行中のカードが紛失や盗難の被害に遭ったとしても、迅速に対応してくれます。また、航空券やチケットの予約、現地情報の提供などのサービスが充実しています。

上記で説明したアメックスをはじめ、ダイナースやJCBカードは自社のみで加盟店を開拓することがほとんどです。そのため、世界中の銀行が加盟店開拓を行うVISAやマスターとくらべると、加盟店は少ないのが現状です。

しかし、アメックスやダイナース、JCBでは、クレジットカード会社と加盟店が直接やり取りを行います。そのため、カードを使って買い物をしたときに二重請求のようなトラブルが起きたとしても短時間で解決できます。

なお、アメックスとJCBは提携しているので、アメックスが使えるお店ではJCBも、JCBが使えるお店ではアメックスも利用できるようになっています。

これにより、日本で幅広く利用できるJCBの加盟店でアメックスが利用でき、アメリカで幅広く利用できるアメックスの加盟店でJCBが利用できることにより、お互いの加盟店の少なさをカバーしています。

ここまで説明したように、VISA、マスター、アメックス、ダイナース、JCBには、それぞれに長所と短所があります。これら長所を短所を判断した上で、自分に合ったクレジットカードを選ぶようにしましょう。