クレジットカードは現金よりも節約できる

クレジットカードを使えば、現金で支払うよりも節約になります。

たとえば、クレジットカードによっては食料品や衣料品の買い物で利用すれば5%引きになるものがあります。このよう買い物すると割引やポイントがつくクレジットカードを使えば、消費税分程度は節約することができます。そのため、同じ買い物をするなら、現金よりクレジットカードの方が確実に得です。

特にクレジットカードを使って節約するのにお勧めなのが、公共料金の割引サービスです。毎月の電話料金をクレジットカードで支払うと割引があります。電話料金は毎月必ず支払う経費なので、クレジットカードでの支払いに変更して割引を受けたりポイントをもらったりできる特典はぜひ利用すべきです。

また、電話料金以外にも家賃やガス代、保険代、新聞代、インターネットプロバイダー料金のような毎月の固定費も同様に節約することができます。

仮に月収50万円の4人家族の場合、クレジットカードを使うことによって家計が毎月2万円近く節約できるという試算が発表されました。つまり、毎月の家計の約5%が節約できることになります。クレジットカードを利用するたけで毎月2万円も節約できるのは大きいですね。

これからクレジットカードを持とうと考えているのなら、どれだけ節約ができるカードなのかを基準に選ぶとよいといえます。