クレジットカードの審査に落ちる理由

私たちがクレジットカードに申し込むと、カード会社は入会申込書の内容をもとに入会審査を行います。カード会社行っている審査の内容はいろいろな情報について調べますが、大きくいうと本人確認と返済能力の2つについて審査を行っています。

本人確認とは、申し込んだ人が本当に本人であるかどうかの確認です。年齢や職業、勤務地、自宅住所などから本人が申し込んだものなのかを調べます。

そのため、電話帳に名前が掲載されていなかったり、カード会社が勤務先に連絡したときに「在籍していません」と対応されたりすると、審査に落ちる可能性が高くなります。

返済能力は、カード会社にとって重要です。もし申し込んだ人に返済能力がなければ、カード会社は損害を受けてしまい、事業が成り立たなくなってしまいます。そのため、返済能力は留年にチェックされる部分です。

具体的には、年収の金額や安定しているかどうか、住居は賃貸と持ち家のどちらかなどを調べます。

また、審査は申し込んだときだけではありません。カードが発行された後も1〜2年ごとに、カード会社は会員のカードの使い方が問題ないかどうかを調べます。たとえばほかに申し込んでいるクレジットカードが多かったり、利用金額の支払いの延滞が増えたりすると、限度額が引き下げられたり、最悪の場合退会させられることもあります。

カード会社は、申込者のほかのクレジットカードやローンの利用状況や返済状況を調べて審査しています。これは、信用情報機関のデータを紹介すれば調べることができます。

信用情報機関とは、全国銀行個人信用情報センターや株式会社シー・アイ・シー(CIC)などの全国各地にある機関のことをいいます。信用情報機関では、クレジットカードに申し込んだ人が他社で行っている借り入れや過去のカードの履歴などを調べることができます。

これらの信用情報機関はお互いに情報交換を行っており、クレジットカードやローンの契約内容や支払残高、延滞したことがあるか、過去5年以内に自己破産や任意整理をしているか、などの情報が記録されています。

なお、クレジットカードやローンの支払いを3か月以上延滞すると、その人はブラックリスト扱いになります。ブラックになると、新たなクレジットカードを作ることは絶対にできません。

このように、カード会社は信用情報機関の情報を参考にして審査を行っています。