ゴールドカードはクレジットカードに慣れてから

ゴールドカードは、カ−ド会社によって多少は異なりますが、入会資格が原則30歳以上となっています。

30歳と言えば、会社員の方なら部下もできて仕事に責任感が生まれる頃だと思います。取引先や部下と食事に行く機会もあるので、そういった場面で利用するためにゴールドカードを1枚持っていてもいいかもしれません。

ただ、ゴールドカードの年会費は、一般のクレジットカードとくらべて高く設定されています。具体的には、一般のクレジットカードは年会費が数千円、中には無料のものもたくさんあるのにくらべて、ゴールドカードは数万円から十数万円となっています。

そのため、高い年会費を払ってまでゴールドカードを持つ見返りがあるか?考えてみましょう。

ゴールドカードのメリットは、ステイタスの高さと充実したサービスです。

ステイタスの高さとは、選ばれた人だけが持てるという優越感のことです。ゴールドカードを持つと、自分が大きな人物になれた気分になれるものです。

そして充実したサービスとは、海外旅行傷害保険では最高5000万円から1億円という高額な補償が受けられるのをはじめ、旅行中の事故やトラブルに相談に乗ってもらえたり、対応してもらえたりします。

また、電話1本で航空券やホテルの予約ができる秘書のようなサービスも用意されています。

さらに、一般のクレジットカードは利用限度額が30〜50万円であるのに対して、ゴールドカードは100万円以上と高く設定されています。そのため、家族でのハワイ旅行や高級腕時計の購入など、高額な支払いでも利用できるというメリットがあります。

ただ、ゴールドカードのステイタスは、実際には日本国内ではほとんど体感できません。なぜなら、ゴールドカードは選ばれた人だけが持てるはずですが、実際のところは入社2〜3年目の若者でも普通に持つことができるからです。

ゴールドカードのステイタスは、海外で体感することができます。欧米では今でも階級制度が残っているため、ゴールドカードを収得するためには厳しい審査をクリアする必要があります。そのため、買い物で店員にゴールドカードを見せると態度が180度変わるとも言われています。

ゴールドカードの充実したサービスについてですが、旅行で活用できる特典が多くなっています。それ以外のサービスになると、一般のクレジットカードと変わらないものがほとんどなので、旅行に行かない人であれば、サービスの面ではゴールドカードのメリットはありません。

結論としては、ゴールドカードを見栄で持っているだけで実際に活用しないのであれば、高い年会費が無駄になるのでお勧めはできません。見栄のためにどこまで年会費を払えるかの問題になります。

そのため、まずは一般のクレジットカードでクレジットカードについて十分に理解してから、ゴールドカードを活用したいかどうかを検討することをお勧めします。