クレジットカードは専業主婦でも作れる

クレジットカードを持つためには、カード会社による審査があります。クレジットカードは、返済能力が重要視されるからです。そのため、収入のない人には原則として発行されません。では、専業主婦はクレジットカードを持つことはできないのでしょうか?

今では学生向けクレジットカードや女性専用クレジットカードも発行されています。そのため、無収入の主婦の方であっても自分名義のカードを作ることができます。

家族カードだと確実に持つことができる

専業主婦の方が確実にクレジットカードを持つ方法は、家族会員になることです。

多くのクレジットカードは本会員のカードに追加して家族カードが用意されています。家族カードを利用すると、本会員の利用金額と合わせて銀行口座から引き落とされるしくみです。

夫や父親のカードの家族会員になれば、入会を断られることは絶対にありません。簡単な手続きだけでクレジットカードを持つことができます。また、家族会員は本会員のカードよりも年会費が割安だったり、カード会社によっては無料だったりするところもあります。つまり、普通にカードに申し込むよりも年会費を節約できるのできるのです。

家族カードの限度額は共有される

家族カードを利用すると、本会員の口座から引き落とされます。また、利用限度額は本会員カードと家族カードを合計して、本会員の限度額の範囲内です。本会員カードとは別に、家族カードにも限度額が設定されるわけではないので注意しましょう。

そのため、父親のクレジットカードの家族カードを母親と子供の2人、合計3人で使ったとすると、すぐに限度額に達してしまう恐れがあります。ですので、カードの使いすぎには十分注意しましょう。

また、家族カードを利用した明細は、すべて本会員の明細にまとめて書かれます。そのため、内緒で買い物をすることはほぼ不可能です。旦那さんに内緒でブランド品を購入しても、絶対にバレてしまいます。

ポイントをまとめて貯められる

家族カードの特徴は、審査なしで簡単に持つことができるだけではありません。ポイントが早く貯まるという大きな特徴があります。家族カードを利用したポイントは、すべて本会員のカードにまとめて貯まります。そのため、ガソリンの割引や無料航空券を手に入れるには、家族カードでまとめてポイントを貯めるのがよい方法です。

クレジットカードはボーナスポイント期間や入会時、誕生月、ホテル宿泊などで通常の倍以上のポイントが貯まることがあります。このようなときに家族全員でクレジットカードを使いこなせば、より効率的にポイントを貯めることができます。