クレジットカードはサラリーマンやOLだと作りやすい

クレジットカードは、カード会社の審査をパスした人だけが持つことができます。そのため、誰でも持てるわけではありません。

クレジットカードに審査がある理由は、「クレジット」カードという名前のとおり「信用」の上に成り立っているからです。

一方、クレジット機能のないポイントカードだと、誰でも持つことができます。ポイントカードは審査する必要がないからです。

ここからは、実際にクレジットカードに入会する方法について説明します。

クレジットカードの入会は、まず始めにカード会社に申し込みをします。銀行やスーパーにクレジットカードに置かれている申込用紙に住所や氏名、職業のような必要事項を記入してカード会社に郵送します。

入会申込書は会社の面接前に提出する履歴書のようなものです。そのため正確に書きましよう。もしウソを書いてバレてしまった場合、カード会社から信用できない人だと判断されてしまい、審査に落ちてしまいます。

この申し込みのときに、会員規約をしっかり読んでおきましょう。会員規約は、申込用紙にかかれています。

カード会社は、私たちが申込者送った申込書を参考に、いろいろな方法で私たちについて調査し、カードを発行しても問題ないかどうかを判断します。その中で、もっとも重要視されるのが申込者の返済能力です。

返済能力を判断する基準は、年齢や職業、収入です。年齢はどのカード会社でも、18歳以上でないと申し込むことができません。また、高校生は不可です。そして、カード種類によっては20歳以上や25歳以上と決められているものがあります。そして一般的には、年齢が高いほど信用があると判断されます。

職業は、定職に就いていることが条件です。そして、勤続年数が長ければ長いほどカード会社からの評価は高くなります。年収についても、最低でも普通に生活ができると予想できる250万〜300万円は必要です。

なお、クレジットカードの審査基準は、カード会社によって異なります。信用を重視する銀行系クレジットカードでは、勤続年数や年収の基準が高く設定されています。

また、銀行系カードで特に重要となるのは、定職に就いているかどうかです。サラリーマンやOLなどの会社員なら、比較的簡単に審査に通ることができます。この会社とは、株式か有限かを問わず会社として成り立っていて、銀行と取引がある会社であれば、規模が小さくても問題はありません。

このように、サラリーマンは比較的簡単にクレジットカードを作ることができます。

一方で自由業や自営業、派遣社員、フリーターは審査に通りにくいのが現状です。たとえ一般的な会社員の何倍もの年収があったとしても、会社に所属せずに仕事をしていたり、正社員でなかったりすると、クレジットカードの取得は難しいのが現状です。

そのため、将来独立したり、早期退職や結婚退社をする予定があるなら、今の会社に所属しているうちにクレジットカードに申し込んでおくことをお勧めします。1度クレジットカードの審査に通って発行すれば、会社を退職したからといってクレジットカードを返さなければならないということはありません。